魅力的な目を作る

厚ぼったいまぶたを二重にする方法について

 ここ数年、埋没法という名前の美容整形手術を受けて二重まぶたにする人が多くなってきていますが、まぶたが厚ぼったい人には埋没法は適していません。埋没法の美容整形手術では、二重のラインに沿って上まぶたに糸を通し、その糸をまぶたの裏側で結んで留めておきます。皮膚にメスを入れませんので、術後の腫れがほとんど起こらないというメリットがありますが、まぶたに大量の脂肪がついている場合ですと、キレイな二重のラインを作ることができません。そのような人には、切開法による美容整形手術の方が適しています。切開法であれば、メスでくっきりと二重のラインを入れることができますし、余分な脂肪を取り除くこともできます。スッキリとした印象の目元に仕上げることができますので、まぶたが厚ぼったい人には、切開法による美容整形手術をおすすめすることができます。

大人っぽい目元を作る方法について

 単に二重まぶたにするだけの美容整形手術を受けた場合、本人の意図に反して、とても子供っぽい印象になってしまうケースがあります。よくあるのが、目頭の蒙古ひだの張りが強い人が二重まぶた形成術を受けた結果、どんぐり眼になってしまうというケースです。目の横幅が狭い人がまぶたを二重にする手術を受けた場合、目の上下左右のバランスが不自然になってしまう可能性が高いです。経験豊富な美容外科医であれば、そのあたりの問題を考慮した手術方法を提案してくれますので、遠慮なく何でも相談してみるとよいでしょう。目頭や目尻の皮膚をほんの少し切開するだけで、目元の印象をグッと大人っぽくすることができます。たとえば目と目の間隔が開きすぎている場合であれば、目頭切開の整形手術を二重まぶた形成術と同時に受けるようにするのが望ましいです。