老けた顔の原因

老け顔の象徴、ほうれい線の原因とは?

ほうれい線とは、鼻の両端から口の横に出る最も見た目年齢を上げてしまうやっかいなシワのことです。 ほうれい線は《老け顔の象徴》とも言われ、ある程度の年齢になるとできやすくなり、多くの人を悩ませていますね。 では、このほうれい線の原因とは一体何でしょう? 一番よく言われる原因が、乾燥と紫外線によるもの。 年齢と共にヒアルロン酸が減り、肌の潤いがなくなって、保湿を怠ったり、冬の時期に肌が乾燥することによってできてしまう場合が多いです。 また、対策をしているつもりでも、長年浴び続けた紫外線の蓄積によって、小ジワやほうれい線ができてしまうという原因も考えられます。 それと、あまり知られていませんが、長時間のデスクワークをする方や、姿勢が悪い人も血液の循環が悪くなることによって、ほうれい線ができやすいとも言われています。 改善にはヒアルロン酸注入などの方法がメジャーですが、自分でもできる改善策もあるので、日頃からエクササイズなどをすることも大事ですね。

ほうれい線の予防や改善について

ほうれい線予防や、できてしまったほうれい線を改善するためにはどうしたらいいの?と悩んでいる人も多いはずです。 まず、一度できたほうれい線を改善することは無理なのでは?と思う人も多いでしょうが、改善策はあります。 お金をかけてヒアルロン酸注入などの方法はありますが、まずその前に一番大事なことは、保湿を怠らないことです。 最近ではヒアルロン酸を少しずつ浸透させてくれる、ほうれい線専用のクリームなども発売されており、多くの方が改善に成功しています。 こういったクリームを試してみるというのも良いですが、お金をかけないでできる改善方法と言えば、顔(口輪筋)を鍛えるエクササイズです。 有名なのが《まいう体操》 これは、まず『まー』と言いながらなるべく大きな口を開けて声を出します。 しばらくしたら『いー』と言いながら同様に口を横いっぱいに『い』にします。 次に『うー』と言いながら思い切りタコの口のようにします。 こういったユニークなエキササイズもありますので、ぜひ参考にして下さい。